不動産購入の専門家 中古一戸建てや中古マンションを買う人に資産価値が落ちない不動産の選び方をアドバイスします

3-03.安全という観点から見たマンション選び

この記事の所要時間: 234

ここから先は安全という観点から見たマンション選びについて、説明します。このサイトでは、不動産の選び方を経済的か、安全か、快適か、という3つの切り口で考えています。経済的かどうかという切り口については「2-05.経済的かという観点から見たマンション選び」のページを、快適かという切り口については「4-03.快適という観点から見たマンション選び」のページをご覧ください。

さてマンションの安全性についてですが、構造的な分については、1980年6月以降に確認申請が行われた新耐震基準以降のマンションであれば問題が出ることはあまりありません。これはマンションの竣工日ではなく、確認申請時の期日で見ますので気を付けてください。確認申請日の確認は「3-03-03.中古マンションは定期調査報告書をチェックしましょう」のページで解説します。

マンションは安全か

最近のマンションは構造という点から見れば危険度が高いというマンションは多くありません

セキュリティの問題などはあります

構造的に問題はなくても、セキュリティが甘いマンションや健康被害に対する対策ができていないと思われるマンションはあります。ただ戸建の安全性と内容が重なる部分が多いので、このテーマは戸建の安全性のページで解説します。

マンションの構造以外の安全性として、法的に問題がないかどうかという点と、防音性や共用部分の設備など建物の性能について解説します。安全性と言うよりは快適性の問題に近い部分もありますが、こちらのサイトでは建物の機能に関する部分を安全性のジャンルに、管理組合の活動や規約などソフト面については快適性のジャンルに入れています。

このマンション選びの各項の内容については、下記一覧からご確認ください。

次のページはこちら 「3-03-01.マンション特有の登記簿の見かたを知っておきましょう」

戸建住宅でもそうですが、特にマンションは建ってしまった後では安全性について確認できることはそれほど多くありません(「横浜のマンションの傾き事件でも分かるように、建ってしまった建物の良し悪しは判断できません」参照)。ですので、マンションの安全性については、図面を中心にチェックすることが多くなると思います。

ふくろう不動産は皆さまからのご質問やご相談を随時受け付けています

ふくろう不動産では皆さまからのご質問・ご相談を随時受け付けています。ご質問やご相談はもちろん無料です。また、ご質問をされたからといって、後で当社からしつこい営業の連絡をすることもありません。ご質問やご相談は「お問い合わせフォーム」をご利用の上、ご連絡をお願いします。

ふくろう不動産がどのような会社なのかについては「ふくろう不動産とは」のページをご確認ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

失敗しない不動産購入

PAGETOP