不動産購入の専門家 中古一戸建てや中古マンションを買う人に資産価値が落ちない不動産の選び方をアドバイスします

4-03.快適という観点から見たマンション選び

この記事の所要時間: 544

ここまでは土地や立地、戸建住宅の建物による快適性についてお話ししてきました。ここから先はマンションの快適性についてお話します。
マンションの快適性を考える場合、戸建住宅にはない「管理」というものと付き合わなければなりません。これは管理組合との付き合い方、共用部分の使い方などが含まれます。これを簡単に考えているといざという時にトラブルに巻き込まれたり、想定していた生活が送れなくなる危険があります。

この第3節では、この管理を考えつつ、快適なマンションを確保するためにはどうしたら良いかをお話しします。詳細は各項目でお話ししますが、このページでは各項目がどのような内容についてお話しするかを簡単にまとめています。

第1項 管理組合の活動は他人事ではないことを理解しましょう

管理組合イメージ
管理組合は町内会と似たイメージで考えられがちですが、内容は大きく異なります。1番大きな違いは、所有者の資産を扱いを決めているという事です。
町内会では会費も大きな金額ではありませんし、町内会が決める内容が、不動産の資産価値に影響を与えることはあまりありませんが、管理組合の決定内容によっては、マンションの資産価値に大きく関わります。またその決定内容によっては快適性も大きく異なることがあります。
この1項では管理組合のチェックの仕方などについてお話しします。

第2項 ペットに対する管理規約や使用細則を確認しておきましょう

ペットのイメージ

管理規約や使用細則も予め知っておかないと予定して生活スタイルが取れないこともあります。ペットの飼育が可能かどうかなどの確認が代表例です。

マンションの規約や使用細則も、マンション生活を送る上で、その快適さに影響を与えます。代表的なものはペットの飼育です。これらの規約を簡単に考えていると隣人とのトラブルを起こすこともあります。
具体的にどんな規約や細則がトラブルとなりやすいのか、押さえておかなければならない規約などについてこの2項でお話しします。

第3項 マンションならではの騒音問題について理解しましょう

カーペット

最近は少ないのですが、床がフローリングよりもカーペットの方が音の問題は少なくなります。

マンション生活のトラブルで件数が1番多いと言われるのが音の問題です。戸建住宅とは異なり、マンションならではの音の問題について、このページで解説します。

第4項 マンションのベランダを見ることで管理状況を確認しましょう

ベランダのイメージ

外から見たベランダの使用状況も管理レベルの判断に役立ちます。

マンションを購入する前に、一緒にマンションに住む人たちがどのような人たちかを簡単に判断することはできません。しかし中古マンションであれば、今住んでいる現状を見て、何かしら判断できることがあります。ベランダもそのチェックポイントの1つになります。どんなベランダの使い方をしているマンションが問題があるのかをこの4項でお話しします。

第5項 マンションの郵便受けや宅配ボックスなどエントランスを見て判断できることもあります

オートロックイメージ

オートロックなどはセキュリティ上のメリットはありますが、利便性で劣ることもあります。

最近のマンションではオートロックは標準となっていますが、この使い方によって快適性が異なることがあります。また、宅配ボックスや集合郵便受けを見ることで管理状況が分かることもあります。事前にどういった内容をチェックしておけば良いのかをこの5項でお話しします。

第6項 敷地内の駐車場の利用規約などをチェックしましょう

自動車イメージ

駐車場の利用に様々な制限があるマンションもあります。

駐車場でもその利用状況から所有者のモラルが確認できることもあります。また管理の状態も確認しやすい場所です。チェックポイントについて、この6項でお話しします。

第7項 マンション内の自転車置き場とゴミ置き場の状況から管理レベルを推測しましょう

ゴミ置き場イメージ

マンションには専用のゴミ置き場がありますが、そのゴミ置き場を見ることで居住者のモラルが分かることもあります。

マンション購入前にゴミ置き場を見ることはあまりありませんが、できれば見ておきたい施設の1つです。事前の注意点についてこの7項でお話しします。

第8項 マンションの災害対策について調べておきましょう

災害対策

マンションによっては災害対策用の格納庫があるマンションもあります。

災害宅策を売りにしているマンションも多数ありますが、これらにもメリットデメリットがあります。予め知っておいた方が良い内容について、この8項でお話しします。

第9項 中古マンション購入前には「重要事項に係る調査報告書」を取得しましょう

調査報告書記入例

実際の報告書は管理会社によって異なります。
出典:一般社団法人 マンション管理業協会

ここまでお話ししてきた内容は「管理に係る重要事項調査報告書」を管理会社から取り寄せることで、その内容をチェックできる部分がたくさんあります。この第9項ではその報告書について解説します。

詳細については、各項でお話ししますので、各項目をクリックして、各々のページをご覧ください。

次のページはこちら 「4-03-01.管理組合の活動は他人事ではないことを理解しましょう」

また、ふくろう不動産では皆さまからのご質問やご相談を随時受け付けています。ご質問やご相談はもちろん無料です。ご質問などをされたからといって、後で当社から営業の連絡を行うこともありません。ご質問・ご相談は「お問い合わせフォーム」をご利用の上、ご連絡をお願いします。

ふくろう不動産がどのような会社なのかについては「ふくろう不動産とは」のページをご確認ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

失敗しない不動産購入

PAGETOP