この記事の所要時間: 249

4月17日に政府広報オンラインの暮らしのお役立ち情報ページに機械式駐車場の危険性の話が載りました。
「機械式立体駐車場に潜む危険にご注意を!政府広報オンライン

この記事によると2007年度から2013年度までの7年間で207件の事故が起きており、うち10件では死亡者が、16件では重傷者が出ているとのことです。この件数を多いと考えるか少ないと考えるかは人によって、意見が分かれそうですが、私は意外と多いなと感じました。機械式の駐車場は私も操作したことがありますが、安全装置なども付いているため、ケガはあっても死亡事故はそうそう起きないのではないかと考えていました。

ただこの記事を読むと、本来安全を考えて、ボタンから手を放すと停止するはずの駐車装置が、ボタンを押し続けなくて済むような器具を使っていたため、駐車装置が停まらなかった事件について書かれています。日常の利便性と安全とのバランスを取るのは難しいことかもしれませんが、これだけ大きな機械を動かすわけですから、利用者は本当に気を付けて使ってほしいものだと思いました。

また、機械式駐車場の事故の約4割がマンションの駐車場で起きているとのことでした。利用する方が一般の方であるという事や、小さな子どもが入り込むことがあることから、マンション駐車場での事故が多いようです。

こういった事故を受けて、これからの機械式駐車場は安全性を高めた駐車装置が出てくるようです。

ただ、新しいマンションでは安全装置を組み込んだ機械になっていくとしても、中古マンションの機械式駐車場の全てがこのような最新のものに代わる訳ではありません。現在機械式駐車場が導入されているマンションにお住まいの方や、今後マンションを購入されようとお考えの方は、本当に気を付けて頂きたいと思います。

また、事故の内容を見ますと、利用のミスによるトラブルが多いように感じます。駐車装置の操作中には他の人が入らないように注意したり、子どもが駐車装置に近寄らないようにしたり、色々と気を付けなければならないことがたくさんありそうです。立体駐車場工業会という団体では、機械式駐車場を使う際の注意点をサイト上に公開しています。機械式駐車場を利用している方は、操作方法はもう十分わかっているつもりでも、念のためにもう1度目を通して、間違った操作をしなように気を付けてみてください。

安全利用パンフレットの紹介(立体駐車場工業会)

また、機械式駐車場は安全性の問題に加えて、修繕費の問題など経済的な問題を抱えていることもあります。よろしければ「2-05-07.マンションの敷地内駐車場に問題が潜んでいることがあります」のページもご確認ください。ふくろう不動産では皆さまが、詳しい知識を得ていただいた上で、不動産選び、マンション選びをして頂きたいと思っています。そのためにも今後も皆さまの役に立つ情報を発信していきたいと思います。