この記事の所要時間: 227

私は仕事柄不動産関連の記事やニュースを定期的にチェックしていますが、先日このような記事を見ました。

ビジネスジャーナル記事

ビジネスジャーナルの記事で、不動産相場崩壊と書かれた記事です。
出典:ビジネスジャーナル

まあ確かに今では100万円台のマンションはありますよね、と最初は軽く流して読んでいたのですが、掲載されていたチラシ画像を見て、少し切なくなりました。

チラシ画像では物件名は赤く塗られていて分からないようにしてありますが、「京急線特急停車駅」「千葉市」「バス7分」と書かれていれば、どのマンションのことを言っているのか、ほぼ予想が付きます。何しろ当社:ふくろう不動産は京成線沿線の千葉市にある不動産会社ですので、これだけ情報があって分からないはずはありません。

このサイトを読み進めていると、SUUMOの掲載件数では500万円以下のマンションは千葉で1番件数が多く、97件となっていました。SUUMOにすべての売り物件情報が掲載されている訳ではありませんので、実際にはもっと多くの格安マンションが売られています。

実際に不動産会社のみが利用できるREINSというシステムで検索してみたところ、千葉県で500万円以下の売りマンションは372件もありました(2015年1月14日時点)。200万円以下のマンションも23件あります。こういった値段のマンションは本当に売れるんですか、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、REINSの成約事例を見ると、過去1年間で45件ほどのマンションが200万円以下で成約しています。

この記事を書いた日向さんは、
1.郊外から不動産価格が崩壊している
2.空き家が増えていくので、不動産は粗大ゴミになる
3.不動産は資産価値が下がるので、賃貸物件に住むべき
と主張されています。

私はこの方の主張に賛同できるところもあれば、意見が合わないところもあります。賃貸の方がトクかどうかの話は
「1-01.家を買うか買わないか迷っている人に」のページを、
マンションの資産価値や古いマンションの購入についての話は
「2-05-01.マンションの資産性について考えましょう」のページや
「2-05-10.建替えできない現状を見れば、古過ぎるマンションの購入は危険です」のページもご参照ください。

実際にどの意見が、誰が正しいのかは恐らく誰にも分かりません。ですが、色々な意見を聞いて、住まいの購入の(あるいは買わないことの)参考にしていきたいですし、私も自分で偏見を持たないように何が正しいのかを考えていきたいと思っています。

マンションの資産価値についてなどのご相談がある方は「お問い合わせフォーム」をご利用の上、ご連絡をお願いします。