この記事の所要時間: 152

当社には低周波音や電磁波についてのご相談や測定の依頼が良く来るのですが、皆さんからお話を聞いていますと、低周波音と電磁波の問題の区別が付かず、対応策も見当違いの方向で進んでいるという事があります。

これは実際に悩んでいる方はもちろん、ご家族の方やアドバイスをしている方にも同じことが言えます。私は仕事柄低周波音や電磁波に関するサイトや動画も結構チェックをしているのですが、悩みに対する回答が完全にピント外れになっているものも少なくありません。

もっとも当社自身も、単なる不動産の仲介会社ですので、電磁波の専門家でも音の専門家でもありません。しかし、ここ数年で多くの方々の相談を受け、実際に測定等をした結果、分かった事や感じたことがたくさんあります。そこで、その内容を動画で説明することにしてみました。その動画がこちらです。

これはあくまでも私の経験上から感じたことをお話ししていますので、厳密に言えば間違っている点もあるかもしれません。本来であれば、私のような立場の人間がこの問題について語るのはどうなのかと感じる事もあります。

しかし一方で世の中に、あまりにも間違った意見や誤解を招く意見が多く出されているのを見ますと、少しは現実に即した意見も出した方が良いのでは、と思い、この動画を公開しました。

また宣伝的な内容になりますが、当社でも電磁波の測定や低周波音の測定を有料ではありますが、行っています。電磁波の測定内容については「3-02.仲介業とは別に電磁波測定サービスも行っています」のページを、低周波音については「6-01.健康に住めるための建物検査を行っています」のページをご確認ください。

もちろん当社以外でも測定サービスを行っている会社はありますので、そのような専門会社に測定を依頼されるのも1つの方法だと思います。しかし、まずは正しい知識を身に付け、その上で何をすべきかを考えるべきだと思います。

この記事やこの動画についてのご意見やご質問等がある方は「お問い合わせフォーム」をご利用の上、ご連絡をお願いします。