この記事の所要時間: 123

不動産を購入する際に、今まで住んでいる街の近くで物件を買う場合には、その街がどのような街であるかを調べる事は無いでしょう。既に十分知っているところであれば、改めて考える必要は無いからです。

ですが、予算や環境などの関係で、今までに全く住んだことが無い、縁のないエリアの物件を検討される方も多いと思います。その場合、下調べとして色々な情報を集め、調べると思いますが、その方法は人それぞれです。

まずはネットなどで物理的な情報、地盤やら地形やら交通の便やらを調べる事になるでしょう。その方法等については「3-01.安全という観点から見た土地選びの構成です」のページの子ページでもやり方を説明しています。また、快適性については「4-01.快適という観点から見た土地選び」の子ページでもお話ししています。

ですが、理屈ばかりですと中々分からない点があるかと思いますので、今回は当社から見て最寄り駅である八千代台駅を題材に、街の見かたについて動画で解説してみました。その動画がこちらです。

あくまでも見かたの1つであって、このような見方が絶対的に正しいという話ではありません。ただ、知らない街に着いた時に、何をチェックしたらよいのかの参考になるかもしれないと思い、この動画を作ってみました。

私個人の意見が強い内容ですし、反論もあるかとは思いますが、興味がある方は1度見てみてください。

この動画等に対して、ご意見やご質問などがありましたら「お問い合わせフォーム」をご利用の上、ご連絡をお願いします。