不動産購入の専門家 中古一戸建てや中古マンションを買う人に資産価値が落ちない不動産の選び方をアドバイスします

第3章.ふくろう不動産は嫌がられる営業を行いません

この記事の所要時間: 44

このページでは当社:ふくろう不動産の営業スタイル、営業方針についてお話しします。

電話営業を一切行わない不動産会社です

営業スタイルで1番最初にお話ししたいのは、しつこい営業は一切しない、ということです。具体的に申し上げますと、まず電話営業がありません

これは私自身が電話営業を受けて、嫌な思いをたくさんしたという経験から、自分では電話営業を絶対にしない、と決めたからです。

ふくろう不動産では営業の電話をしません

ふくろう不動産では営業の電話を一切行いません。お客様の生活を荒らすようなことをしたくないからです。

私は以前、建築や不動産の専門書を発行する出版社に勤めていました。そこで取材のために、不動産のイベントにも数多く出席しました。そのせいか、どこかで名刺情報が出回ったようで、不動産の営業の電話がひっきりなしにかかってくるようになりました。

その不動産の営業の電話というのは本当にひどいものでした。私の断り方が気に入らない、という理由で1日に10回以上電話をかけてくる人もいましたし、資金計算を行いたいから年収を教えろとひたすらごねる人もいました。

また、せっかく電話をしてやっているのに、話くらい聞いたって良いだろうと脅すような話をする人もいました。すべて実話です。いくら仕事で電話しなければならないからといって、この人たちの常識はどうなっているのでしょう。

そもそも電話自体が、その人の時間を奪う行為です。仲の良い友人であればまだしも、面識がない人が簡単にして良い行為とは思えません。

ふくろう不動産では、原則として折り返し以外の電話はしません。また何らかの急ぎの連絡があり、電話をしなければならない場合にでも、事前にメールを送り、電話をして良いかどうか了解を取った上で電話するようにしています。

なにもそこまで、とお考えになるかもしてませんが、ここまで徹底しないと惰性で電話してしまいそうですので、あえて制限をかけるようにしています。

突然ご自宅を訪問することもありません

もう1点しつこい営業をしない内容として、突然の訪問も行いません。私がお客様の元にお伺いするのは、事前に約束した打ち合わせの時のみです。

不動産の営業に限りませんが、皆さんの中で、いきなり営業マンが自宅に来て、嫌な気分になったことはありませんか。私は休んでいるところにいきなり人が訪ねてくるのは、あまり好きではありません。

また訪問自体がなくても、郵便ポストに「近くまで来ましたのでご挨拶がわりに」というようなメッセージカードが入っていたことはありませんか。好みの問題もあるのかもしれませんが、家の周りをストーカーがいるような気分に私はなってしまいます。

電話営業ほど嫌な気分ではありませんが、それでもあまり良い感じはしません。自分が逆の立場で嫌なことはやらないと決めていますので、突然の訪問も一切行わないようにしています。

営業時間は12:00から21:00です

あともう1点、当社の営業時間についてお話しさせてください。
当社や休みは不定期、営業時間はお昼の12:00から夜の21:00までの設定としています(この理由で名前をふくろう不動産としています)。

どうしてこんな夜の時間としているかと言えば、お客様の仕事の時間と重ならないようにしたいからです。通常お客様は朝から夕方までは自分のお仕事をしていらしゃいます。ですので平日は住まいさがし等をおこなう時間が取れず、土日などの休みの日に集中して住まい探しをすることになります。

しかし短い時間でいくつもの物件を見て回るのは大変ですし、物件を見てばかりでは、不動産の見かた、選び方についてゆっくりと説明することができません。そこで、皆さんのお仕事が終わった後に、じっくりと話ができるよう、営業時間を夜中心で設定しました。

もちろん事前にお話いただければ、打ち合わせや物件見学は朝や昼でも構いません。平日の日中も寝ている訳ではなく、調査のために役所や法務局、物件調査に出ていることが多くなっています。そのため昼間は社内に在籍していることが少ないという事もあり、このようなスタイルになりました。

当社はこのようなスタイルで営業活動を行っています。このような会社でよければ、ぜひ仲介会社の選択肢の1つとして選んでいただければと思います。

次のページはこちら 「3-01.営業可能エリアは千葉西部と東京東部です」

より詳しい内容につきましては、当社までお問い合わせください。ご連絡は「お問い合わせフォーム」のご利用が便利です。ご連絡されたからといって、当社からしつこい営業を行うことはありませんので、ご安心ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ふくろう不動産とは

PAGETOP