不動産選びに失敗しないための不動産会社 事前に雨漏りチェックや建物構造、電磁波や低周波音のチェックを無料で行っています

第1章.米国式エージェントサービスは片手取引の仲介です

この記事の所要時間: 740

ふくろう不動産では米国式エージェントサービス方式を採用しています。エージェントサービスには、不動産を買いたい方向けのバイヤーズエージェントと、売りたい人向けの売却エージェントに分けられます。
当社、ふくろう不動産はメインとして買いたい人の代理、バイヤーズエージェント業務を中心としています。この方式のメリットはお客様の利益が最大限になるようなサービスが受けられることです。

日本の不動産仲介は特殊なシステムのためお客様の利益が損なわれることもあります

この話をしますと、仲介会社がお客様のために活動するのは当然ではないか、と思われるでしょう。しかし、現状ではかならずしもそうなっていません。これは日本の不動産取引では両手仲介が標準となっていることが多いからです。

両手仲介とは、仲介する不動産会社が買い手の仲介と売り手の仲介を同時に1社で行う取引のことを言います。もちろんこれは違法ではありません。しかし問題が起きやすいシステムでもあります。

不動産仲介における両手取引の概念図

不動産仲介の両手取引とはこのような形です。違法なものではありませんし、これ自体に問題がある訳ではありませんが、売主・買主にとって不都合なことが起きるケースがあります。

不動産の両手取引は弊害が起きやすいシステムです

間に仲介会社が入るのであれば、それが1社であっても2社であっても問題ないのでは、とお考えかもしれません。しかし、下記の例はどうでしょうか?

両手取引の概念図

基本的に売主側の不動産会社は売主さんに手間がかからないような取引を希望しています。買主側が色々な要望を出しても聞いてもらえないケースもあります。

両手仲介は主に売主さん側に付いている不動産会社が買い手を見つけてきたときに成り立ちます。しかし、原則として売主のために活動していますので、必ずしも買主の要望を聞いてくるとは限りません。でも、これはまだ、さほど大きな問題ではありません。

通常の不動産取引は購入者に全ての情報が届くとは限りません

両手取引の問題点その2

買主にとって1番問題になりやすいのは、売られている物件情報のすべてが届かない可能性があることです。企業としては利益をあげるべく、当然の行動を行っているのですが、結果として買主に不利益を与えることがあります。

より大きな問題は、買主に全ての売り物件情報が届く訳ではないことです。
両手取引を行う会社では、極力自社が扱っている物件を買主に購入してもらいたいので、全ての売り物件の情報を買主に公開しないことがあります。買主は売られている物件の中から何でも選べる、という状況にならないのです。

通常の不動産取引のシステムでは、売却する人にも全ての情報が届かないこともあります

両手取引の売買例

すべての両手取引がこのような形になる訳ではありませんが、こうなる可能性が高い取引形態ではあります。問題はすべての情報が売主さんに届かないことです。

先程は買主さんに全ての情報が届かないことが問題、という話をしましたが売主さんの立場から見ても同じことが言えます。本来であればもっと高く売れる可能性があった物件が、情報の制約を受けているため、高く売れないこともあります。

この両手取引から生じる問題については、動画でも説明しています。

よろしければ、動画もご確認ください。

アメリカではこのような弊害が起きにくい不動産仲介システムになっています

アメリカ国旗

アメリカでは両手取引がほとんど行われないため、この方式を米国式と呼んでいます。

これはあくまでも一例で、全ての両手取引がこうなる訳ではありませんが、こうなるケースも珍しくありません。取引ということを考えますと、売主と買主で利害が一致しないことは多く出てきます。
そのためアメリカなどでは、買主と売主の代理人は別々になることが多く、不動産取引で1社が両方の代理人を兼ねることはほとんどありません
そして、ふくろう不動産でも同様に、両手取引を行わず、買い手のお客様の利益を損なわないように、情報提供を行い、取引を進めています。

土地・戸建住宅・マンションに問題がないかどうかを調べるサービスが充実しています

検査のイメージ写真

ふくろう不動産は、土地や建物の検査機能を充実させています。

ふくろう不動産で行うエージェントサービスを米国式と呼んでいるのはこの理由によります。当社では、お客様の条件に合う売り物件や買手の情報を全てお客様に公開しています。幸い売り物件は、原則としてREINSと呼ばれるシステムに登録しなければならないというルールになっています。そして仲介会社はこのREINSに登録された物件情報を全て見ることができます。当社ではこうやって知り得た情報を、全てお客さまにお見せするようにしています。

しかし単に買い手のために情報を出します、頑張ります、と言うだけではエージェントとは言えません。ふくろう不動産では買い手であるお客様に満足していただきたいと思っています。そのために法的、技術的、経済的に安心できるよう、通常の不動産会社にはないサービスを用意しています。

当社はこのような体制の不動産会社ですので、サイト上に不動産の物件情報を載せることがありません。物件ありきではなく、まずはお客様の状況やご希望をうかがった上で、そのご希望に合う物件を提案するというシステムになっています。

ふくろう不動産が他の不動産会社と大きく違う点は、土地や建物に問題がないかどうか確認する検査体制です。サーモグラフィカメラや電磁波測定器などを使用し、法律で定められた以上に問題点がないかどうかを確認します。特に住む人の健康に関する問題が起きないようなチェック機能を充実させています。

どのような検査体制があるかは、「第2章.ふくろう不動産の検査・チェック項目」のページをご確認ください。また、法的な問題、経済的な問題にもアドバイスをさせていただきます。どうしてそのようなことができるのかは、「1-01.ふくろう不動産はこんな人が作りました」のページをご確認ください。私がどのような経験を経て、アドバイスできるのかを説明しています。

検査については「無料で戸建て住宅やマンションの建物診断が受けられます」のページでも簡単に紹介しています。

土地や建物の検査費用は全て仲介手数料の中に含まれます

建物修理費のイメージイラスト

検査機能が充実しているので、お客様が不具合のある不動産を購入するリスクを減らすことができます。また検査費は仲介手数料の中に含まれますので、追加の費用は発生しません。

もちろん当社は不動産仲介会社ですので、このようなサービスを付けていたとしても、仲介手数料以外の費用を請求することはありません。また、取引が成約しない限りは費用の発生もありません
ふくろう不動産はこのような体制で活動を行っています。当社のモットーは「お客様が知らずに損をすることがないように」です。プロのレベルの情報をお客様に公開した上で、お取引いただきたいと考えています。
また当社の検査だけでは不安だという方には、瑕疵担保保険に加入できるような手配も行っています。こちらは仲介手数料とは別に費用がかかりますが、後からトラブルになるリスクを減らすことができますので、こちらもお勧めしています。

当社のサイトでは、お客様が知ってトクする情報を数多く掲載しています。他のページもご覧いただいた上で、よろしければぜひ一度当社へご相談に訪れてみてください。

次のページはこちら 「1-01.ふくろう不動産の特徴」

また、ふくろう不動産では皆さまからのご質問やご相談を随時受け付けています。ご質問やご相談はもちろん無料です。ご質問などをされたからといって、後で当社からしつこい営業の連絡を行うこともありません。ご質問・ご相談は「お問い合わせフォーム」をご利用の上、ご連絡をお願いします。

ふくろう不動産がどのような会社なのかについては「ふくろう不動産とは」のページをご確認ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ふくろう不動産とは

PAGETOP