この記事の所要時間: 27

今まで問題であろうと言われていたエコキュートの騒音問題ですが、2014年国が初めてこの騒音により健康被害を引き起こしている可能性があると指摘しました。
消費者庁:消費者安全委員会の報告書

エコキュートのイラスト

エコキュートは省エネ効果が高い給湯機器ですが、騒音問題を起こす可能性など、リスクもあります。

各新聞社でもこの話題を取り上げています。
日経新聞の記事 「エコキュートの音、健康被害に関与の「可能性高い」 」

以前からエコキュートは音の問題で周りから訴えられるリスクがある、と考えていましたが、ついに公的に認められる問題になったようです。このサイトでも給湯器の選び方でエコキュートの騒音問題について指摘していましたが(「3-02-20.給湯設備で知っておいた方が良いこと」)、やはりこうなりましたか、という印象を受けます。記事を見ますと、音の大きさよりも低周波音が隣人の健康に被害を与えている可能性が高い、という見解のようです。

もしオール電化住宅を採用している場合は、改めてのガス工事が大変な工事になるため、エコキュートで問題が起きたとしても簡単にガス給湯器に変更できません。交換するのであればエコキュートではない電気温水器への交換となりますが、この電気温水器は省エネ効果が悪く、ランニングコストも高くつきます。あるいはプロパンガスを使うガス給湯器と交換するという方法もあるかもしれません。

騒音問題は数多く普及が進んだエコキュートの中の問題のごく一部かもしれませんが、新築住宅で給湯器を選ぶ際には改めて注意が必要だと思います。またメーカーさんには騒音が出ない、低周波音が出ないエコキュートの開発を何とか進めてもらいたいものです。

ふくろう不動産ではお客様が購入を予定されている不動産については、この低周波音も含め、様々な調査を行っています。また、不動産仲介業務とは別に、低周波音や電磁波の調査のみも有料ではありますが承っています。調査の内容については「6-01.健康配慮型のインスペクションを行っています」のページをご覧ください。

またふくろう不動産では皆さまからのご意見やご質問を随時受け付けています。ご連絡は「お問い合わせフォーム」のご利用が便利です。ご連絡されたからといって、当社から営業の連絡を行うこともありませんので、ご安心ください。