この記事の所要時間: 232

リオンより借りている低周波音測定器で引き続き、色々な場所の低周波音を調べています。
今回は稼働している可能性が高いと思われる夜の11時以降にエコキュートの超低周波音を計測してみることにしました。エコキュートを利用している家を数件回ったところ、1件稼働音が聞こえる家を見つけましたので、その家の前で低周波音を測定しました。また似た時間帯に稼働音が聞こえたエアコンの家の前でも計測しましたので、そのデータを集計しグラフにしてみました。

エコキュートの低周波音

12.5Hzの音圧のみが他の周波数の音圧と比べて大きくなっています。 このように特定の周波数の音圧が大きい場合に被害が出るケースが多いようです。
注)これは今回測定した機器について言えることであって、すべての機器に対して何らかの証明をするものではありません。

改めて計測した結果では、エコキュート(緑色のグラフ)は低周波音の通常の周波数では静かな自宅の中とあまり変わりませんが、周波数が12.5Hzの音圧のみ突出して高い数値を出していました。他の本でも似たような結果が出ていましたので、稼働中の超低周波音の音圧はこちらが正しいようです。

可聴域も含めたエコキュートの音

聞こえない周波数である12.5Hzの音圧がたかいだkでなく、25Hzや160Hzの音も大きくなっています。

エコキュートは12.5Hzで大きな音圧(60dB)を出していますが、可聴域でも25Hzや40Hzでも割と高い音圧を出しています。また低周波音ではありませんが、125Hzや160Hzでも少し大きめの音になっています。他の周波数と比べて、特定の周波数の音圧が高いことを卓越周波数があると言いますが、この卓越周波数があると、被害を受ける方が多くなるようです。

ただし、エコキュートも機種によって周波数ごとの音の出方は異なるようです。これらのグラフはあくまでも、たまたま計測した機械の1事例だと考えてください。

ヘリ通過時の音量

昼間にヘリが近くを通過した時の音圧です。

またこれはエコキュートなどと関係ありませんが、この日の昼に近くをヘリが通ったので、室内で音圧を調べてみました。可聴域で60dBを超える音圧でさすがにうるさかったです。さらに低周波音でも6.3Hz以上の周波数ではかなり大きな音圧が計測されました。短時間のことですのであまり気になりませんが、このような音が長時間続く街にお住いの方であれば大変かもしれません。

デモ機はもう1日借りていることが出来ますので、他にもいくつか試してみたいと思います。