この記事の所要時間: 533

戸建であれマンションであれ、家の所有者が無くなった場合には、その家は相続人に引き継がれる事になります。しかしこの家の登記が毎回相続時に確実に行われているかと聞かれますと、そうではなく、登記名義人がそのままというケースが多々あります。

これは特に急いで登記人の変更をする必要は無いという事や、登記手続きで費用や手間がかかるため面倒であるという理由が大半だと思われます。

しかし、私はこの相続登記は面倒であっても早めに行う方が良いと考えています。このページでは相続登記について、少しお話ししたいと思います。

費用の大半は登録免許税と司法書士への手数料です

相続登記を行うには費用がかかるというのは事実です。細かな費用は色々とかかりますが、相続登記に関する費用の大きなものは、登録免許税と司法書士さんへの手数料でしょう。

登録免許税は、固定資産税評価額の0.4%の金額がかかります。仮に対象不動産の評価額が1,000万円の場合には4万円かかるという事になります。もし評価額が3,000万円であれば12万円という事になります。確かに安いという金額ではありませんが、それでも相続を受けた不動産の金額から考えれば、無茶に高いという金額でもありません。

相続の相談

費用の大半は登録免許税と司法書士への手数料です。

司法書士さんへの手数料は、その司法書士さんごとに金額は違いますので一律には言えませんが、特殊な相続でない限りは7万円以下位で出来るのではないでしょうか。

他の費用は細々とありますが、費用的には大きなものではありません。固定資産税の評価証明を取ったり登記事項証明書を発行してもらったりという手間と費用はかかりますが、1つ1つは1,000円未満のものがほとんどのため、すべての書類を揃える費用を合わせても、1万円はかからないと思います。

ですので、固定資産税評価額が1,000万円の不動産であれば、相続登記にかかる費用はすべて合わせても12万円位の目安で出来るという事になります。

2回以上の相続が重なると手続きは更に面倒になります

もし相続登記を行わず、その後に相続人がお亡くなりになってしまった場合には、これらの登記は更に面倒になります。これは数次相続と呼ばれるようですが、この状況になりますと、相続人の数が多くなる可能性が高くなります。

家系図

法定相続人が多くなると、手続きや調整がより面倒になります。

私は相続の専門家ではありませんので確実な話は出来ないのですが、数次相続となりますと、手続きが結構面倒になるようです。相続登記の中間省略ができればまだ話は早いのですが、条件によっては(1次相続が単独相続でない場合等)中間省略は出来ず、これらの手続きは手配は当初の手続き以上に面倒になります。

これが3回相続があったという事になりますと、もう手続きは訳が分からなくなるでしょう。1回の相続であれば、相続人が自分で手続きを行う事もそれ程難しいものではありませんが、数次相続となると、個人の方が登記手続きを行うのはまず無理ではないかと思います。

また司法書士さんへの手数料も、1回の相続であれば7万円以下で出来ると思いますが、数次相続ではもっと手数料は高くなるでしょう。

当初面倒だと思って先送りにしていたせいで、却って余計に手間や費用が掛かる事になるのであれば、やはり早い段階で手続きを済ませておく方が、結局は得をすると思います。

法定相続人が多いと、調整も簡単ではありません

数次相続となりますと、法定相続人が多くなり、手続きは複雑になります。そして面倒なのは単に手続きだけでなく、権利関係の調整を含めた人間関係の調整も大変になる事があります。

1次相続であれば、相続を受ける人たちもお互いに顔見知りで、話もスムーズに進むことも多いでしょう。しかし2次相続、3次相続となりますと、普段付き合いの無い親戚の人たちと話を進める事もあります。知らない人同士の話となれば、お互いが権利を主張して、うまく話が進まないという事も考えられます。

揉める相続

知らない人同士の調整は簡単ではありません。

更には、疎遠にしている親戚がどこに住んでいるのか分からないという事もあり、連絡自体がうまく取れないという事も出てきます。実際に街中の一等地であるにも関わらず、古い建物がそのまま残っていて、再開発が進まないというエリアの中には、相続人が分からないので建物解体や売却の話も出来ない、という場所がそこそこあったりします。

一等地を所有していて、売却できれば関係者全員にそれなりのお金が入るでしょうし、全員が得をする話なのですが、当初の手続きを怠ったが故に、誰も得をしないという状況が起こり得ます。

1番最初の1次相続の簡単な手続きを怠ったが故に、関係者全員が損をするという事が、結構普通に起きているのが現状です。

1回の相続ごとにきちんと取り決めをして、精算しましょう

このような損をしたり、トラブルに巻き込まれたりしないためには、毎回きちんと相続登記を行う方が望ましいですし、そもそも簡単だったりします。

遺産分割協議で取り分で揉めるという事もあるかもしれませんが、それでも相続の都度決着をつける方が、結局はお互いが得をすると私は思っています。遺産分割協議で揉めそうだと思って問題を先送りにしてしまいますと、後から更に相続を受ける人がより苦労することになります。

相続の内容

毎回相続の内容を取り決め、登記も行う方が安全です。

自分の子どもたちや子孫に迷惑を掛けないという意味でも、相続手続き、相続登記は毎回きちんと済ませる方が、最終的には得をすることになると思います。

もっとも当社は相続の専門家ではありませんので、より詳しい話は、司法書士等の専門家に確認の上、話を進めてもらえればと思います。

この記事についてのご意見やご質問等は「お問い合わせフォーム」をご利用の上、ご連絡ください。