不動産購入の専門家 中古一戸建てや中古マンションを買う人に資産価値が落ちない不動産の選び方をアドバイスします
最近公開した投稿ページ

タグ : 不動産売却

認知症の方の財産管理対策としては成年後見制度が使い勝手が悪いようです

この記事の所要時間: 514
この記事の所要時間: 約 5分14秒 当社:ふくろう不動産は不動産を買いたいという人のための仲介会社(バイヤーズエージェント)ですので、原則として不動産を所有している方、売りたい方にはあまり関係の無い会社です。ですが当社 …

家庭裁判所

買取保証の罠にハマらないように注意しましょうという動画を公開しました

この記事の所要時間: 045
この記事の所要時間: 約 0分45秒 不動産を売却しようと考えた時に、いつまでに売れるだろうかと不安になる事があるかと思います。そういった際に買取保証がある不動産会社に仲介を依頼するという方法があります。 この方法であれ …

買取保証

不動産の売却方法の中に入札方式があるという動画を公開しました

この記事の所要時間: 055
この記事の所要時間: 約 0分55秒 入札という言葉を聞くと、競売物件を買う時や不動産業者用の購入スタイルのイメージがあります。しかし実際には普通に不動産を売る場合でも入札方式という手法を使う事は可能です。 ただその入札 …

入札方式って使えますか

不動産の売却は一般媒介契約にすれば安心というものでもありません

この記事の所要時間: 059
この記事の所要時間: 約 0分59秒 あまり知られていませんが、不動産を購入しようとする人には様々な知識やノウハウが要求されます。そして知識やノウハウが要求されるのは、買う時だけでなく、売る時にも実は多くのノウハウが必要 …

一般媒介契約

メールや電話で査定や妥当かどうかを聞かれても分かりません

この記事の所要時間: 928
この記事の所要時間: 約 9分28秒 当社:ふくろう不動産には様々な方から色々な質問を頂きます。その中のよくある質問の1つに、この物件はお買い得ですか、というものがあります。 実のところ、こういったご質問に一言で答えるの …

多くの資料

不動産はその仕組みから、お買い得物件は出ないようになっています

この記事の所要時間: 829
この記事の所要時間: 約 8分29秒 当社:ふくろう不動産には様々なタイプの質問が寄せられるのですが、その中の1つに「御社を通せば割安な物件を買う事ができますか」という質問が時々あります。特に当社の地元付近であれば、地元 …

お買い得の文字

土地や中古住宅や中古マンションの査定の意味を知り、資産価値を把握しましょう

この記事の所要時間: 914
この記事の所要時間: 約 9分14秒 2016年の8月に、「住宅地価格査定マニュアル」「マンション価格査定マニュアル」の2種類の内容が一部変更されました。もっとも、こう聞いても一般の方は何の事か分からないでしょう。 中古 …

部位別価格構成比

居住用の不動産であっても出口戦略を考えるべきです

この記事の所要時間: 83
この記事の所要時間: 約 8分3秒 不動産投資の世界では、出口戦略をどうすべきかという話がよく語られます。不動産投資で言う出口戦略は対象不動産を売却する事で、購入から売却の全期間での収支を考えて、その不動産投資が成功だっ …

破綻のイメージ

不動産売買の売主はアンカリングのせいで契約ができないことがあります

この記事の所要時間: 1246
この記事の所要時間: 約 12分46秒 不動産の売買では、いざ売買の金額を決めるときに売主と買主との間で金額が折り合わず、結局契約できないということがよくあります。そしてこの金額が折り合わない理由の1つにアンカリングがあ …

アンカー

認知症対策は任意後見制度と家族信託のどちらが有効でしょうか?

この記事の所要時間: 74
この記事の所要時間: 約 7分4秒 不動産の売買契約で、契約相手先のどちらかがご高齢の方というケースが増えている気がします。仕事をしている上でも高齢化社会を感じるようになってきました。 取引先の方の高齢化に伴い、問題とな …

亡くなった後では分からない

不動産の売却依頼先の不動産会社を決めた理由を見て考えさせられました

この記事の所要時間: 110
この記事の所要時間: 約 11分0秒 前回の記事では、不動産を高く売却するためには不動産仲介会社選びが重要であるという話をしました(「空き家となった不動産を売却する人は高く売るために2つの点に注意しましょう」参照)。 し …

返信のイメージ

不動産の売却依頼は一般媒介が本当に良いのでしょうか

この記事の所要時間: 951
この記事の所要時間: 約 9分51秒 不動産の売却を不動産会社に依頼する時には、その不動産会社から物件の囲い込みをされないように注意しなければなりません。物件の囲い込みとは、売却を依頼された不動産会社が、その物件の紹介や …

やる気がないイメージ

不動産の売主が認知症であるケースが増えているようです

この記事の所要時間: 524
この記事の所要時間: 約 5分24秒 社会の高齢化に伴い、不動産の売主がお年寄りというケースが増えています。そして最近では、不動産取引の契約者が認知症であるというケースも増えているようです。このページでは、売主さんなどの …

認知症のイメージ

不動産情報の囲い込みに対する売主の対策について考えてみました

この記事の所要時間: 119
この記事の所要時間: 約 11分9秒 昨日は不動産業界の透明度について簡単にお話ししました(「日本の不動産取引の透明度は世界で26位となっています」参照)。この透明度が低いと言われる理由の1つに、両手取引に係る不動産物件 …

囲い込みのイメージ
PAGETOP