この記事の所要時間: 045

不動産を売却しようと考えた時に、いつまでに売れるだろうかと不安になる事があるかと思います。そういった際に買取保証がある不動産会社に仲介を依頼するという方法があります。

この方法であれば、まずは売りに出し、その売却がうまくいかなかった場合にでも、仲介した不動産会社が一定の価格で不動産を買い取ってくれます。この方式であれば、一番遅いタイミングであってもいつまでには売れるという計算ができます。

一方でこの方式にもデメリットがあります。そのデメリットについて動画で解説してみました。その動画がこちらです。

これはすべての買取保証をしている会社が、このようであるという話ではもちろんありません。ですが、こういった問題に巻き込まれないように、一定の知識や対応策を考えるべきだと思います。