この記事の所要時間: 67

不動産ポータルサイトの大手であるYAHOO!不動産とソニー不動産が提携して、個人が自分の不動産を売りに出せるシステムを2015年内に公開するという記事がありました。この2社はこれを不動産流通革命と呼んでいます。

ニュース記事はこちら Yahoo!不動産、個人が自分の家を売りに出せるサービス、ソニー不動産と提携して“不動産流通革命”

不動産流通革命プロジェクトの公式ページはこちら 不動産流通革命プロジェクト

この記事を読んで、色々と思うところがありましたので、備忘録も兼ねてコメントを述べたいと思います。

不動産仲介は将来個人取引が中心になると思っています

握手のイメージ

将来的には個人間取引が不動産取引の中心になると考えています。

この記事を見て最初は、不動産業界もここまで進んできたな、と感じました。あくまでも私の私見ですが、不動産の仲介取引は将来個人間取引が中心になると思っています。もうそれだけのネット環境が整ってきたと思うからです。

ただ一方で不動産取引では注意しなければならないことがたくさんあります。法的、税務的、技術的、経済的な内容で注意しなければなりません。ですので、取引自体は個人間ですけれどもチェックする専門家は必要になるでしょう。

現在の仲介も基本的に同じようなシステムのはずなのですが、実際には不動産業界側が隠していることが多すぎるので、現状では個人間取引とは言い難いのが問題になっています。

ですので、もしYAHOO!不動産やソニー不動産が個人間取引を進める流れを作ってくれるのであれば、個人的には応援したいですし、またその場合には取引する人に対して、きちんとアドバイスできる立場を仕事にできれば良いと思っています。

現時点で見る限りは不動産仲介の変形に過ぎません

宣伝のイメージ

このままですとタダの宣伝で終わる可能性もあります。

しかし今の公開情報を見る限りでは、完全な個人間取引を勧めるという方向にはなっていません。現時点での紹介サイトを見ますと、合理的な仲介手数料を導入予定、と書かれていますので、原則として通常の仲介という形式を取るものと思われます。

もっとも公式サイトでは個人取引という表現にはなっておらず、自分で売り出すという方式が加わるという表現になっていますので、こちらが勝手に仲介の変形だと言うのはおかしな話かもしれません。

ただ、最初に話を聞いた時には大きく期待したのですが、ひょっとすると単に売り物件確保のための営業手法で終わるのかもしれないという気もしています。これは公的サイトに書かれている、自分で売り出すのは面倒という方への施策として挙げられた項目を見て感じたことです。

まずは、合理的な仲介手数料、と書かれていますが、この事で通常の仲介取引だということが分かります。金額は上限ではなく、一部安い金額になるのでしょうが、現在でも手数料割引という会社はありますので、それほど珍しい訳ではありません。

次に物件情報の入力はかんたんに、と書かれていますが、通常の仲介では売り物件の広告の物件情報は仲介会社が情報入力します。それが個人で行うという違いだけで、むしろ簡単とはいえ入力手間が増えているだけの気もします。

プロによるサポート有り、とも書かれていますが、これも通常の仲介ですと当然のように行っています。

最後にYahoo!不動産に無料掲載、とありますが、これも通常の仲介取引では仲介会社が広告を掲載しており、かつその広告料は仲介会社負担ですので、一般の方から見ればこれも無料です。むしろ他の仲介会社が入らないせいで、この物件情報が他のポータルサイトに載らないのでは、かえってマイナスではないかと思えるほどです。

このままですと、YAHOO!不動産にソニー不動産が扱う物件の広告が出るだけ、という事になり兼ねません。単にこれだけで終わりなのであれば、仲介手数料が安い普通の仲介取引とほとんど変わらないことになってしまいます。

最終的なリリースを楽しみにしています

革新のイメージ

登場する時には画期的なものが出ることを期待しています。

もっともこれは現段階で発表されている内容ですので、実際にはもっとユーザーにとって使い勝手が良く、便利なものになるのかもしれません。この仕組み自体は2015年中に公開するそうですので、公開時にはもっと色々な特典が付いてくるようですと、他のメリットがあるかもしれません。

個人的には個人間取引がうまく増えていくような仕組みになっていると良いなあと思っています。ソニー不動産は業界で片手取引を大々的にアピールしている不動産仲介会社です。不動産業界全体で見ても、このような取り組みの会社があるのは良い事だと思いますし、業界全体を良い方向に引っ張ってくれないかと個人的に期待している会社でもあります。

最終的な公開時には、ぜひ良いシステムを公開してほしいものだと期待しています。

ふくろう不動産は個人間取引もバックアップしたいと思っています

専門性のイメージ

ふくろう不動産は高い専門性とモラルを維持して、お客様とお付き合いしたいと思っています。

ちなみに当社、ふくろう不動産は通常の取引を行う仲介会社です。ですが、個人間取引が増えていくことを悪いことは思っていません。それどころか、もっと個人間取引が普及して欲しいと思っています。

不動産取引で必要なのは専門性が高い知識とモラルです。これは通常の仲介であっても個人間取引であっても変わりません。ですので、この2つを持っている人や会社がサポートすれば、どのような形でも不動産取引は大きな問題にはなりにくいと思います。

ただ残念なことに現状の不動産業界では、単に物件を紹介するだけで、専門知識に乏しい方やモラルが低い方もそれなりの率でいます。また、本来売買を行う方に届けなければいけない必要な情報を公開しない会社もたくさんあります。

このような状況で、個人間取引が盛んになり、それをアドバイスできる専門家が増えていくようになるのは、業界自体を考えても、売買されるお客様の事を考えても良い事だと思っています。

ふくろう不動産では、このような個人間取引が増えても、充分なアドバイスができるような体制を取りますし、現状の仲介業の枠組の中でも、同じように情報公開と専門性の高い判断や測定などを行い、当社に仲介を依頼されるお客様の役に立つサービスを提供していきたいと思っています。

当社はこのような考えで活動している会社です。

当社へご意見やご質問などがある方は、「お問い合わせフォーム」などをご利用の上、当社までご連絡下さい。